ラグマットを敷く意味とメリット、その他の選び方とは

サイトマップ

Rug mat

ラグマットで人気が高い商品は

まずラグマットについて簡単に説明すると部屋一面に敷く絨毯、カーペットとは異なりテーブル、ソファー、机などの下に敷いたり部屋の一部に敷くタイプのマットと言えます。 大きさは畳1畳分くらいから大きなモノでも3畳程のモノを指し、それより大きなマットは絨毯、カーペットに分類されいます。
ラグマットの形については長方形、正方形、四角い形、丸い形をなど様々ですが、基本的に毛足が長いモノが多いのがラグマットの特徴と言えます。さらに素材はマイクロファイバー、綿、ポリエステル、混合綿などで作られていて、人気が高いのは洗えるラグマットで特に最近はマイクロファイバー素材のものが支持されています

他にも接着剤不使用のもの、ほつれにくいヘム加工のもの、安心のノンスリップ加工しているラグマットや、ズレない加工がしてあるもの、防音性が高いモノ、オールシーズン使えるものが人気があります。また売れ筋の商品やランキング等をチェックすると200cm×250cm程のサイズが需要が高いと言えます。値段は200×250なら2000円から3000円程の商品が主流ですが低反発のラグだと少々値段が高くなり6000円から9000円程となります。

Copyright © 2016 ラグマットを敷く意味とメリット、その他の選び方とは All Rights Reserved.