ラグマットを敷く意味とメリット、その他の選び方とは

サイトマップ

Rug mat

ラグマットで人気が高い商品は

まずラグマットについて簡単に説明すると部屋一面に敷く絨毯、カーペットとは異なりテーブル、ソファー、机などの下に敷いたり部屋の一部に敷くタイプのマットと言えます。 大きさは畳1畳分くらいから大きなモノでも3畳程のモノを指し、それより大きなマットは絨毯、カーペットに分類されいます。ラグマットの形については長方形、正方形、四角い形、丸い形をなど様々ですが、基本的に毛足が長いモノが多いのがラグマットの特徴と言えます。さらに素材はマイクロファイバー、綿、ポリエステル、混合…

ラグ、カーペット、絨毯の違いは何?

いつの間にかインテリア用語としてすっかり定着している「ラグ」。トルコのキリムのような高額のものから、お手軽に買える合繊のものまで、お値段はもちろん、素材も厚さもいろいろあって、そのどれもが「ラグ」と呼ばれていますが、そもそも「ラグ」と「カーペット」、そして「絨毯」の違いは何なのでしょうか。
「カーペット」と「絨毯」は、実は違いはありません。英語では「カーペット」と呼び、日本語では「絨毯」と呼んでいるだけ。強いて違いを言うなら、それぞれの言葉から感じるイメージでしょうか。日本の家屋に洋室が増え、絨毯の需要が増えるにつれて、それまでの重厚なイメージから、身近でお洒落なインテリアというイメージを広げるべく、「カーペット」という呼び名が使われるようになりました。
「ラグ」と「カーペット」の違いは、ズバリ、その大きさです。一般的には、200cm×250cmまでの大きさのものをラグというようです。約3畳分の大きさになります。また、英語圏のイギリスでは、部屋の端から端までぴしっと敷き詰める場合はカーペット、そうでない場合はラグと呼ぶこともあるようです。
ラグもカーペットも、断熱効果やクッション性など、機能については大きな違いはありません。ラグの魅力は、床を部分的にカバーすることで、お部屋のアクセントになること。カーペットにはない、色や模様を選べる楽しさがあります。

部屋のアクセントになるラグの役割

日本の住宅事情も様変わりして、現在では密閉性の高い洋風の部屋がの主流となっています。ダニなどが繁殖しにくく清潔で快適に過ごせるフローリングが好まれています。そんなフローリングの部屋でワンポイントとなるのがラグです。部屋のイメージを手軽に変えることができますし、シンプルなフローリングを華やかにしてくれます。ラグは部屋の見た目を変えるだけではありません。により機能的に様々なメリットを備えています。
フローリングでは人が通ったりするだけでほこりや細かな塵が舞い上がったりしますが、ラグを敷いている場合には、繊維がほこりなどを吸着してくれますから、舞い上がる心配がありません。また、薄いラグでも衝撃を和らげたり音を和らげる作用がありますから、足音が聞こえにくくなったり、足にかかる負担を減らすことができます。
そして、の冬場には保温性もありますから、たった1枚ラグを敷いただけでも暖かく過ごすことができます。
フローリングや家具の跡が付いてしまったり傷が付いたりすることもありますが、ラグを敷いているだけでそれを防止することができて、いつまでもきれいなフローリングで暮らせます。
このように、ラグは見た目のイメージを変えるだけではなく、たくさんの役割を持っています。小さなタイプもありますから、快適なの部屋を作るのに役立ててみましょう。

人気のラグ、キリムやギャッベについて

最近ラグとして人気が高いキリムやギャッベは、イラン(ペルシャ)やトルコ、中央アジアなどの遊牧民たちが織る平織りの織物で作ったラグです。幾何学のモチーフが中心の柄で、色合いが美しく、エスニックな雰囲気、素朴で独特の味わいがあります。ひとつひとつ手作業で作られるため、どれも1点もののオリジナルです。芸術作品としての評価も高まっていて、ギャラリーで展示・販売されることもあります。日本にも、キリムやギャッベを扱うラグの専門店が増えています。
一見違いがわからないキリムとギャッベですが、キリムは毛足がなくフラットで薄く、裏表がなく、リバーシブルで使えます。ギャッベは毛足があり、厚さが15mm~25㎜程、裏表もあってしっかりとしています。
では、ギャッベとペルシャ絨毯の違いは?というと、キリムもギャッベも本来は遊牧民が自分たちの日常生活に使うために織っていたもので、ペルシャ絨毯と比べると織り目が粗く、重くてごわごわしており、市場では粗悪品としてみなされていたのです。ギャッベは、英語の「ギャベッジ(garbage:ゴミ)」が由来となった名前なのです。ところが、その粗くて素朴な感じが受け入れられ、人気商品となったのです。高級なペルシャ絨毯と比べると、キリムやギャッベは価格がかなり抑えられているのも人気の理由となっています。

Copyright © 2016 ラグマットを敷く意味とメリット、その他の選び方とは All Rights Reserved.